紅葉狩りの語源・由来

紅葉狩りの語源・由来「紅葉狩り」とは、"紅葉を見に山野へ出掛けること"を意味しますが、何故、"狩り"なのでしょう?

紅葉狩りの「狩り」は、元々は獣を捕まえる意味で使われていましたが、野鳥や小動物を捕まえる意味に広がり、さらに果物などを採る意味にも使われるようになりました。

果物などを採る意味では、現在でも「いちご狩り」や「ぶどう狩り」などと言いますよね。

やがて「狩り」は、草花を眺めたりする意味にも使われ、「紅葉狩り」と言われるようになったそうです。

「狩り」が草花を眺める意味になった由来は、狩猟をしない貴族が現れ、自然を愛でることを狩りに例えたとする説もありますが、はっきりとした説はないそうです。

「狩り」と言うと、紅葉した葉などを持って帰らなくてはいけないのかと思われがちですが、赤や黄色に染まった草木を眺めに行くだけで良いのです。

きれいに紅葉した風景を眺めるだけで、心洗われ、癒されますよ。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 千葉の紅葉の特徴
  2. 紅葉する樹木の種類
  3. 紅葉のしくみ
  4. 紅葉狩りの歴史
  5. 紅葉する条件
  6. 美しく紅葉するには
  7. モミジとカエデ
  8. 紅葉前線

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0