モミジとカエデ

紅葉:モミジとカエデ モミジとカエデの区別ってつかないなぁ‥と思っていませんか?

一般的に、紅葉を見に行くことを「紅葉(もみじ)狩り」といいますが、モミジと名のついた全ての植物はカエデ科の植物で、植物分類上では、モミジという植物はありません。

楓(カエデ)という名前の由来は万葉集にあるといわれています。楓の葉の形がカエルの手に似ていることから「かえるで」と歌に詠まれていました。

モミジを大辞林でひくと、「秋の終わり頃、木の葉が赤や黄などに変わること」とでています。このことから、モミジとはもともと紅葉することを指していた言葉だった様です。しかし現実には、カエデのことをモミジと呼んだりして、カエデの別名として使うことが多く、また、大半の場合モミジで通じるようになっています。

つまり一般的には、モミジとカエデは、同じ植物ということですね。

ちなみに、盆栽界ではモミジとカエデは区別されていて、イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをモミジと呼び、トウカエデ(切れ込みが3つのもの)をカエデと呼んでいます。

また、園芸界では、葉の切れ込みが深いものをモミジ、浅いものをカエデと呼んでいます。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 千葉の紅葉の特徴
  2. 紅葉狩りの語源・由来
  3. 紅葉する樹木の種類
  4. 紅葉のしくみ
  5. 紅葉狩りの歴史
  6. 紅葉する条件
  7. 美しく紅葉するには
  8. 紅葉前線

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0