紅葉のしくみ

紅葉のしくみ なぜ樹木は、紅葉するのでしょうか?紅葉のしくみには、こんなメカニズムがあります。

樹木は葉で光合成をして、自らが生きるためのエネルギーを作りだしていますが、秋になり気温が下がると、光合成が不活発になり充分なエネルギーを作りだすことが出来なくなります。

そうなると樹木は葉を落として、葉を維持するための余計なエネルギーを使わなくします。これは落葉という現象です。紅葉は、その前段階のプロセスです。

初秋から冬にかけて気温が低下していくと、葉を落葉させるために、葉柄の付根の部分に離層と呼ばれるコルク層が形成されます。

これができると、葉と枝の間で水や光合成で生産された糖などの養分の流れが妨げられてしまいます。その際、葉を緑色に見せていた葉緑素の「クロロフィル」が老化、分解されます。

光合成により作られた糖分が葉に蓄積されて「アントシアン」という赤い色素や「カロチノイド」(カロチン類、キサントフィル類)などの黄色の色素が目立ってきます。

これらの過程を経て、色素が絶妙なバランスで混ざり合った時、紅色、黄色などの見事な紅葉が現れてきます。やがて葉は離層のところで切り離され落葉します。

モミジ、カエデ、ウルシ、ナナカマド等は「アントシアン」によって赤くなり、イチョウ、コナラ、ブナ等は「カロチノイド」によって黄色くなるということです。

ところで、このように紅葉のしくみが分かったとしても、「一体、落葉樹が生きていく上で紅葉は何の意味があるのか?」ということは謎のままなのだそうです。紅葉は虫へのサインだとか、光合成機能の衰えた葉緑体を守るためとか諸説ありますが、まだ定説はないようです。 




スポンサードリンク

関連記事

  1. 千葉の紅葉の特徴
  2. 紅葉狩りの語源・由来
  3. 紅葉する樹木の種類
  4. 紅葉狩りの歴史
  5. 紅葉する条件
  6. 美しく紅葉するには
  7. モミジとカエデ
  8. 紅葉前線

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0