美しく紅葉するには

美しく紅葉するには 紅葉する条件となるのは「気温」「太陽の光」「水分」の3つがポイントですが、紅葉がもっとも美しくなるためには、これらの条件がより好条件になると、より美しい紅葉になります。

「気温」は、昼と夜の気温の差が大きいほど紅葉は美しくなります。

温度差が15℃あると飛躍的に進みます。この温度差によって紅葉のメカニズムが促進され、葉の色合いもよくなり、木々が一斉に紅葉するので美しい紅葉となります。

「太陽の光」の光合成で、赤い色素となる糖分が作られますので、強い直射日光が必要となります。また同じ木でも日当たりの良し悪しでも紅葉が違くなる場合もあります。

「水分」は、乾燥しすぎると葉が紅葉する前に枯れてしまいますが、大気の乾燥による地中水分の減少、が美しく紅葉する条件と言われています。

その他、詳しいことはわかっていませんが8~9月にかけての気温や台風の影響などによっても色あいが変わるといわれています。

渓谷や川沿いには、これらの条件を満たす場所が揃っているため、紅葉の名所として多くあります。

光合成を十分行えない場所や、大気汚染のひどい土地、大気中の適度な湿度がないなどの場合、美しい紅葉を楽しめないことがあります。

温暖化や大気汚染によって、鮮やかな紅葉が見れなくなることが危惧されます。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 千葉の紅葉の特徴
  2. 紅葉狩りの語源・由来
  3. 紅葉する樹木の種類
  4. 紅葉のしくみ
  5. 紅葉狩りの歴史
  6. 紅葉する条件
  7. モミジとカエデ
  8. 紅葉前線

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0