2009年11月

千葉の紅葉の特徴

千葉の紅葉の特徴 千葉県は、日本で一番紅葉が遅くやってくると言われています。紅葉の名所となっている千葉各所の中には、南房総方面も多く、温暖な地域のため、紅葉時期が遅くやってくるのです。

千葉で紅葉狩りができるの?と思われがちですが、紅葉の美しさは決して負けてはいませんよ!

全国的に紅葉が終わりかけた頃に、千葉の紅葉は始まります。約2ヶ月ほど遅れた11月中旬~12月上旬が見ごろです。

全国的にも有名となっている「養老渓谷」は、千葉の中でも最も遅い紅葉と言われています。最後の紅葉を見るために、「日本一遅い紅葉をたずねて」「紅葉最終便と秘湯を楽しむ」などのツアー名をつけた大型観光バスが、列をなしてやってくるほどです。

他県で紅葉を見逃した方は、ぜひ千葉にいらして最後の紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク

人気で選ぶ千葉の紅葉スポット

人気で選ぶ千葉の紅葉スポット 「タイプ別で紅葉スポットを探す」で行く相手によって、紅葉狩りにふさわしい目的地をご紹介しましたが、ここでは千葉在住の管理人が周囲のお友達の意見などを参考に、独断と偏見ではありますが、おすすめ紅葉スポットベスト5を選んでみました。

もちろん、これ以外にも素晴らしい紅葉スポットはありますが、ご参考までにご覧ください。
また、当サイトカテゴリー「千葉の紅葉スポット」では千葉・房総の数々の紅葉スポットをご紹介しています。こちらもあわせてご覧ください!

 
紅葉スポット名 おすすめポイント
養老渓谷 千葉県内のメジャー紅葉スポットということは、それだけ絶景があるということでしょう。撮影ポイントは多々ありますが、「粟又の滝(通称:養老の滝)」「梅ヶ瀬渓谷」「筒森もみじ谷」は、紅葉と滝などのコンビネーションを楽しむことができます。水面に移る紅葉も、また素敵です。
長谷山 本土寺 本堂、五重塔、仁王門、茶室「紫陽閣」、鐘楼など、寺院としての歴史建造物も楽しめるお寺です。京都にある様な、真っ赤な紅葉を選定して植栽しているので、紅葉の美しさでも評判です。本堂に向かう回廊のところにある日本モミジ100選にも選ばれている、「秋山紅」(しゅうざんこう)は、ぜひとも撮影したいポイントです。
亀山湖 手こぎボートやモーターボートなどで、ダム湖の紅葉巡りができる所がおすすめです。亀山オータムフェスティバル期間中は、陸からは見えない湖上の紅葉名所へ、遊覧ボートで約40分間クルージングできるイベントも開催されています。
成田山公園 成田山へお参りがてら、隣にある成田山公園で紅葉狩りはいかがでしょうか?11/14(土)~29(日)の紅葉まつりでは、琴・尺八、二胡等の演奏があります。園内の書道美術館隣に建つ趣のある茶室赤松庵では、表千家成田市茶道会による茶席(参加自由)も開催され、その音色を聞きながら、色鮮やかな紅葉と苔の緑が調和した庭園を眺めながらお抹茶を一服することができます。
見浜園/美浜園 幕張新都心のビル郡の中央に位置する幕張海浜公園の中にある日本庭園です。茶室「松籟亭(しょうらいてい)」があり、椅子席で紅葉した庭を眺めながらお抹茶とお菓子(400円)をいただき、しっとりと日本情緒に触れることができます。



養老渓谷

千葉紅葉狩りおすすめ情報

千葉県市原市:養老渓谷の紅葉

養老渓谷(ようろうけいこく)は、千葉県内のメジャー紅葉スポットであり、遠方から紅葉狩りに訪れる方も多い場所です。養老渓谷はまた、日本でもっとも遅い時期に紅葉が始まる観光地としても知られています。

そのため、紅葉時期の休日ともなると、周辺道路は大渋滞になります。

多くの紅葉スポット、滝があり、ハイキング、沢歩きなども楽しむことができるのが魅力です。ハイキングコースは4㎞から10㎞のコースがあります。

おすすめスポットは、「粟又の滝(通称:養老の滝)」と「梅ヶ瀬渓谷」「筒森もみじ谷」です。
道路からそれぞれのスポットまでは、狭く急な階段を降りたり、飛び石になっている所を渡ったりして足場が悪いので、滑らない靴などの装備をして行った方が良いでしょう。

滝めぐり遊歩道の途中では、「子宝もみじ」と名づけられた一際大きなもみじの木があります。周囲のもみじの親にあたる木だそうで、樹齢百数十年だそうです。

遊歩道の途中にはトイレが無いので、出発前に済ませておく方が良いでしょう。
また、房総とはいえ、養老渓谷はかなり冷え込みますので、防寒具を持参しましょう。

▼滝も楽しめます
養老渓谷の入り口付近にある1986年に発見された滝、小沢又の滝は別名「幻の滝」とよばれています。養老渓谷には合計5つの滝があり、紅葉と同時に滝も楽しむことができます。!


千葉紅葉狩りアクセス情報

▼電車
・JR外房線千葉(安房鴨川行)→JR外房線大原駅(おおはらえき)→小湊鉄道・いすみ鉄道上総中野駅(かずさなかのえき)→探勝バス「養老渓谷行き」に乗車

・小湊鉄道養老渓谷駅(ようろうけいこくえき)→(中瀬遊歩道まで)徒歩でおよそ30分→栗又の滝まで徒歩およそ2時間30分

▼車
館山道市原IC→国道297号・県道81号線経由、およそ40分


千葉紅葉周辺温泉情報

養老温泉、市原温泉



千葉紅葉狩り詳細情報

紅葉スポット 養老渓谷(ようろうけいこく)
所在地 千葉県市原市大多喜町
駐車場 あり (180台 / 500円)
入場料金 無料
例年の紅葉
色づき状況
11月上旬~12月上旬
紅葉する樹種 モミジ、カエデ、ウルシ、ハゼ、ナラ、クヌギなど
ライトアップ 11月中旬~12月上旬(予定)18時~21時
イベント情報 紅葉まつり 2009年11月23日(日)予定
問い合わせ先 大多喜町役場 企画商工観光課
http://www.town.otaki.chiba.jp/
0470-80-1146
千葉紅葉マナー
地図
大きな地図で見る





カップル向けの紅葉スポット

カップル向けの紅葉スポット
デートで紅葉狩りに行けば、ロマンティックな雰囲気で素敵ですよね!家族連れなどがいなさそうな、しっとり雰囲気のある場所での紅葉狩りがおすすめスポットです。

足場が悪いところもあるので、彼女にはヒール靴など注意するよう事前にお伝えした方が良いかもしれませんよ!

 
紅葉スポット名 おすすめポイント
養老渓谷 千葉県内のメジャー紅葉スポットなので、紅葉時期に混雑することは必至です。人が多いので、しっとり二人きり‥というわけにはいきませんが、デートスポットに有名所をチョイスするのも一案です。
亀山湖 手こぎボートやモーターボートなどで、ダム湖の紅葉巡りができる所がおすすめです。亀山オータムフェスティバル期間中は、陸からは見えない湖上の紅葉名所へ、遊覧ボートで約40分間クルージングできるイベントも開催されています。
佐倉城址公園 歴史好きなカップルは、お城見学も兼ねて紅葉狩りはいかがでしょうか?すぐ隣には、国立歴史民俗博物館もあり、こちらへも足を延ばすことができます。紅葉期間中は、夜間ライトアップも行っているので雰囲気もばっちりです。
いちはら市民の森 もみじ祭り(11/29 10時~16時)では、"~幻想の滝と湖~ナイアガラフォールズ イン 市民の森"と題して、グレードアップしたイルミネーションが登場するそうです。紅葉期間中は、夜間ライトアップも行っています。



ファミリー向けの紅葉スポット

ファミリー向けの紅葉スポット
小さいお子さん連れだと、しっとり紅葉だけを楽しむ!というわけにはなかなかいきません。小さい頃から、日本の季節を五感を使って感じる体験をさせてあげつつ、飽きてきたら遊べるスポットが、ファミリーで紅葉狩りをするポイントかと思います。

ご紹介した紅葉スポットから、ファミリー向けのおすすめスポットを管理人がピックアップします!

 
紅葉スポット名 おすすめポイント
清水公園 フィールドアスレチックやポニー牧場、キャンプ場などがあります。ポニー牧場では、ヤギやウサギなどの動物と触れ合うこともでき、ポニー類やサラブレッドに乗馬体験をすることもできます。
千葉市動物公園 子ども達の一番目的は、動物園ということでお出かけしてみてはいかがでしょうか?大池付近でお弁当を広げて、紅葉狩りをしながらランチを楽しむことができます。
昭和の森公園 公園全体が紅葉しているともいえる場所で、子供達もローラー滑り台などの大型遊具で身体を大いに使って遊べる場所です。紅葉した風景と子どもの自然な笑顔の写真を撮るにも、絶好の場所と言えるでしょう。
大町自然観察園 子どもは、隣にある「市川動植物園」を目的にお出かけしてみましょう。レッサーパンダやオランウータンなどが見られる他、なかよし広場ではモルモット、ヒヨコと触れ合うことができます。ミニ鉄道やフアフアなどの、大型遊具もあり、子どもも大喜びすることでしょう。
花島公園 子どもがのびのびと走り回れる広場と、夢中になって遊べる滑り台などのある遊具があります。サイクリングもできるので、子供の自転車の練習がてら公園内を一周して紅葉狩りをしてみてはいかがでしょうか?



熟年夫婦向けの紅葉スポット

熟年夫婦向けの紅葉スポット

しっとりと美しい紅葉狩りを楽しみたいというご夫婦には、紅葉狩りと共に美味しいお食事やお抹茶なども楽しめるのもポイントかと思います。

美しい紅葉の場所というのは、冷え込む場所が多いので、ご夫婦ともに防寒対策を持参するようにしてください。


 
紅葉スポット名 おすすめポイント
小松寺 「小松寺もみじまつり(2009/11/29)」では、野点(のだて)、福引大会、餅つき大会、甘酒・豚汁の接待、農産物の直売等々のイベントが行われます。 奥様は、新鮮な農産物のお買い物もでき喜ばれるのではないでしょうか?夜の小松寺の雰囲気は、幻想的で静かな佇まいで紅葉期間中は、夜間ライトアップが行われています。
長谷山 本土寺 本土寺ミニツアー(5000円:入場料、特別内部拝観料、昼食付き)がおすすめです。一般では入ることのできない茶室や諸堂などを特別の案内で巡り、お昼には五重塔前の開山堂で懐石風に吟味された特製お重を楽しむことができます。熟年ご夫婦の参加が多いようです。
成田山公園 成田山へお参りがてら、隣にある成田山公園で紅葉狩りはいかがでしょうか?11/14(土)~29(日)の紅葉まつりでは、琴・尺八、二胡等の演奏があります。園内の書道美術館隣に建つ趣のある茶室赤松庵では、表千家成田市茶道会による茶席(参加自由)も開催され、その音色を聞きながら、色鮮やかな紅葉と苔の緑が調和した庭園を眺めながらお抹茶を一服することができます。
見浜園/美浜園 幕張新都心のビル郡の中央に位置する幕張海浜公園の中にある日本庭園です。茶室「松籟亭(しょうらいてい)」があり、椅子席で紅葉した庭を眺めながらお抹茶とお菓子(400円)をいただき、しっとりと日本情緒に触れることができます。



写真愛好家向けの紅葉スポット

写真愛好家向けの紅葉スポット 紅葉の絶景は、写真愛好家の方にとってはぜひともカメラに収めておきたい風景かと思います。 美しい紅葉を求めると、山谷の深い場所が多くなりがちですので、滑りにくい靴や防寒対策をして撮影に臨んでください。

きれいに撮るなら、太陽を背にした順光も一般的ですが、紅葉に斜めに射す、いわゆる斜光や カメラに向かって射し込む逆光も、透明感や鮮やかさを引き立てるそうです。

 
紅葉スポット名 おすすめポイント
養老渓谷 千葉県内のメジャー紅葉スポットということは、それだけ絶景があるということでしょう。撮影ポイントは多々ありますが、「粟又の滝(通称:養老の滝)」「梅ヶ瀬渓谷」「筒森もみじ谷」は、紅葉と滝などのコンビネーションを楽しむことができます。水面に移る紅葉も、また素敵です。
長谷山 本土寺 本堂、五重塔、仁王門、茶室「紫陽閣」、鐘楼など、寺院としての歴史建造物も楽しめるお寺です。京都にある様な、真っ赤な紅葉を選定して植栽しているので、紅葉の美しさでも評判です。本堂に向かう回廊のところにある日本モミジ100選にも選ばれている、「秋山紅」(しゅうざんこう)は、ぜひとも撮影したいポイントです。
沢山不動内
かじか橋
遊歩道を使って川に降りると、滝とつり橋のコントラストと紅葉の絶景を撮影することができます。とても絵になるスポットで、川面に移るモミジなどの写真も期待できます。
七里川渓谷 小櫃川の流れと紅葉のコントラストがとてもきれいで、絶好の撮影ポイントです。渓谷特有の急斜面の崖地に、イロハカエデ、ケヤキなどが自生しています。運が良ければ、赤いもみじが絨毯のように川面に浮かんでいる風景に出会えます。
佐倉城址公園 天守閣跡の樹齢約400年の「夫婦モッコク」(千葉県指定天然記念物)をはじめ、シイ、カシ、モミジなどの大木がいたる所にあり、撮影ポイントが多数あります。 絶景で知られる姥が池のモミジや、東屋の大きなもみじは、茶室のほうから見るもよし。つばきの花越しに見るもよし。姥が池の方から水面に映しながら見るもよし。梅林の方から見上げるもよし。天気のよい日の午前中に、日の光を浴びた大きなもみじをが絶好の撮影ポイントです。




Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0